高脂血症は症状がなくて気づきにくい!合併症を引き起す前に対処する

病院

ウイルス感染も原因

看護師

悪性リンパ腫は白血病同様に原因不明のことが多いですが、ウイルス感染による発病もあります。ウイルス感染は予防することができ、また感染が分かった後も投薬などで発症を遅らせることができるので早期発見することが大切です。

読んでみよう

末期がんの苦痛を緩和する

花

癌性腹膜炎は他の部位のがんが腹膜に転移して起こる症状で、末期がんの場合によく見られます。癌性腹膜炎にかかると、がんが回復する見込みはほとんどないと考えられるので、QOLを高めるための対症療法が中心になります。

読んでみよう

不健康な血液を改善

医者

血液検査が教えてくれる

高脂血症とは血液中の脂質が多い状態を言い、特にLDLコレステロールと中性脂肪の数値が高い状態となっています。高脂血症は血液がドロドロとした状態になってしまうので、動脈硬化を引き越しかねないのです。高脂血症の症状には特に異変を感じることもなく、血液検査などで判明することが多いです。そのため、症状がほとんどないため、高脂血症に気づかない人も少なくはありません。高脂血症に早く気づいていくには、血液検査がお勧めです。このような検査は健診などの項目に入っていることが多いので、これを受けていくことで血液の状態が分かってきます。その結果をもとに、今後の健康に向き合っていくことができます。自覚症状がほとんどないだけに、高脂血症は見逃しやすいところがあります。また、見た目だけでは判断できないところもあるので、症状に気づいていくには血液の状態をまずは知ることが大切です。

改善できる習慣

血液検査で高脂血症の疑いが出た場合、病院では適切な指導で改善を促してくれます。それには、食事を見直していくことが第一優先で、健康的なカロリーでバランスの取れた内容を意識していくことが一番です。脂っこい食事を避けていき、野菜を中心とした食事が血液をサラサラにしていきます。そして、定期的な運動も消費カロリーを高めてくれて、ストレス解消から血液もいい状態に近づける可能性もあります。この2つの習慣を行っていくことで、再度血液検査を受けていき結果を見ていくことになります。ただし、このような習慣を行っていても改善されない人も中にはいます。そういう人は遺伝性の可能性が強く、薬の効果によって治療していくことが勧められます。いずれにせよ、高脂血症は治らない病気ではないので、症状がなくても疑いの強い人は血液検査を受けていくようにしましょう。

高脂血症の検査を受ける際には、信頼できる病院で検査をしてもらうようにしましょう。病院には、内科や外科など様々な分野に分かれているため、どこの科に言って診察をしたら良いかと悩んでしまう人も多いでしょう。受診する病院に迷った時は、まず初めに内科で診てもらうようにしましょう。内科では、体内の異常を調べるための検査が行なわれています。受診する際には、しっかり医師に現状を伝え相談するとよいでしょう。高脂血症を早めに治して健康な体を取り戻すようにしましょう。

新しいガン治療の形とは

女性

体への負担の少ない新しいガン治療法にNK細胞療法というものがあります。この治療法は、新しい治療法ですので、費用面では比較的高額です。しかし、今後の成果しだいでそれも下がってくるでしょう。このNK細胞療法は、ガン治療のあり方を大きく変える可能性があります。それは、生活変更の負担を少なくして治療できるからです。

読んでみよう